東山瓢箪プロジェクト

京都市東山区を瓢箪(ひょうたん)で風情ある街につなげよう。

2017年の栽培

豊国神社
・唐門横で栽培 24時間見ることはできます。
・京都市東山区 大路正面通り(国立博物間の西の通り・北側)

方広寺
・有名な大梵鐘・国家安泰の鐘楼の東側で栽培 日の出から日没。
・京都市東山区 大路正面通り(豊国神社北側)

東山いきいき市民活動センター
・三条京阪から徒歩5分
・火曜休館 午前10時から午後9時(日曜~5時)

陶点睛かわさき
・店先で鉢植えを育てます
・京都市東山区五条橋東5-463 (五条通東山通 西へ徒歩3分北側 )
・10:30~18:00 不定休
・お店のホームページ http://www.toutensei.com/

京町家の宿 幸遊庵 (5月末頃から)
・京都市東山区小松町560番25(東山通り安井通り西入ル一筋目南西角)
・道に面して栽培しています

中野洋二事務所
・京都市東山区(東山通り安井通り南へ20m)
・道に面して栽培しています

その他、個人のお宅、お店で栽培をされています。

 

PC版ホームページのご紹介

http://higashiyama-hyoutan.com

PC版ホームページでは、栽培方法のヒント、栽培状況、栽培実験、活動紹介などを掲載しています。

東山瓢箪プロジェクト

「東山瓢箪プロジェクト」とは

京都市東山区を瓢箪(ひょうたん)で風情ある街につなげよう。東山区役所が呼びかけた市民参加の「まちづくりカフェ@東山」で発足したグループです。 瓢箪はウリ科の植物で、「日本書紀」に登場することなど日本で古くから栽培されてました。 東山は豊臣秀吉ゆかりの地です。秀吉は瓢箪をシンボルとして使っていたことは有名です。 その瓢箪を緑のカーテンや壁面緑化で東山地域で育てようと呼びかけています。 瓢箪は、一年草で、春に種を蒔くと夏に実をつけます。 ツル状に成長しますので、緑のカーテンにも適しています。植木鉢やプランターで育ちます。 ご自宅や職場で育てて下さる方、栽培に手を貸して下さる仲間を探しています。 食用品種以外は食べれませんのでご注意ください。