東山瓢箪プロジェクト 源氏藤袴会のお手伝い

藤袴栽培のお手伝い 2019

瓢箪プロジェクトfacebookへ facebookでも情報を発信中

源氏藤袴会 

 東山瓢箪プロジェクトは京都で植物を通してまちづくりに取り組む仲間として、源氏藤袴会の取り組みのお手伝いをしています。
昨年から鉢植えで横に広がる栽培を試みておりその記録です。栽培のご参考にしていただければとご紹介します。

4月
 昨年の3本立ての鉢植えをそのまま育てる 

 昨年の枯れた茎を土から5cmくらいに切って、土を乾かさないように育てると、各株の根元から数本の芽がでてきます。そのまま25cmくらいまで育てます。
 25cmまで伸びたら先を1節切り取ります。
 1節きると、2節目に2本の脇目がでてくるので、脇目を育てていきます。
 (写真を撮ってませんでした)
※昨年植え替えた鉢はそなまま育てましたが、芽が出始める前に、鶏糞や化成肥料を加えた土に植え替えるとよりしっかり育ちました。

源氏藤袴会の栽培4月

5月
 芽が25cmくらいに伸びてきたら広げます 

 数日水遣りを抑えて、少し水枯れした状態で作業をすると、折れにくいです。
 竹などで広げる支えを作ります。
伸びた芽を竹に沿わせ、針金などで固定します。
多くの芽がでている場合は細い芽は間引き、太い芽は残します。
 根元に化成肥料を大さじ1ほどまきます。
 水をしっかりやりしばらく育てます。うすめた液体肥料(ハイポネックスなど)を数日に1回程度やります)

源氏藤袴会の栽培5月

6月
 脇目が3節伸びたら、先を1節切り取ります 

 ひとつの根元から先をつまみ2本育そだってきたと思います。
脇目が3節育ったら先を摘みます。すると横から脇目が育ち、4本になります。

水をしっかりやり育てます。うすめた液体肥料(ハイポネックスなど)を数日に1回程度やります)

竹で広げるのが大変であれば、根のはり方や土の固さで、割り箸などで押さえることができることも。

源氏藤袴会の栽培6月

7月初旬
 先月、脇目の先を摘んだら、また横に脇目がでてきてます。 

 ひとつの根元から8本になってきました。

源氏藤袴会の栽培7月

先月先を摘まなかった株は随分背が高くなりました。上から3節くらいで切り、この時期であれば、切った部分は刺し芽できます。

源氏藤袴会の栽培7月

9月初旬
 花芽がつきはじめました。 

源氏藤袴会の栽培9月

9月中旬
 花が咲き始めました。 

9月中頃に咲き始めた株は、約1ヶ月、10月中頃まで楽しむことができました。

7月中頃にもう一度芽の先を摘めば、開花時期を遅らせることができたかもしれません。

源氏藤袴会の栽培9月

9月下旬
 満開。 

9月中頃に咲き始めた株は、約1ヶ月、10月中頃まで楽しむことができました。

7月中頃にもう一度芽の先を摘めば、開花時期を遅らせることができたかもしれません。

源氏藤袴会の栽培9月
HOMEへ

お問い合わせ
  info@higashiyama-hyoutan.com

瓢箪プロジェクト   Copyright (C) 2012 東山瓢箪プロジェクト All Rights Reserved.