東山瓢箪プロジェクト

栽培のヒント/東山瓢箪プロジェクト

印刷用 栽培のヒント PDF (印刷書式)
瓢箪プロジェクトfacebookへ facebookでも情報を発信中
→ 鉢植え紹介ページ

種蒔き

時期: 種蒔き時期は、屋外では、桜の咲く頃(3月終わりから4月中ごろ)が良いです。
     室内など温かな場所で苗を作る場合は、1から2週間早めに蒔くことができます。
     気温が暖かくならないと発芽しません。
     屋外で蒔く場合、4月中ごろ~5月中ごろの気温が25度を超えてから、直播すると元気な芽が育ちます。

瓢箪のタネ播き

種を蒔く前に濡らしたタオルに挟んで根が出るまで育てる。30度で1週間~2週間。

瓢箪のタネの発芽

根が出だしたら、土の入った小さな植木鉢に植え替えてください。

瓢箪のタネ播き

土に2cmほどの深さの穴を開け根の出た種を入れ土をかぶせます。

蒔き方:種蒔きは、苗を小さな植木鉢などでつくることを奨めています。
     デザート容器や牛乳パックの底に穴を開けたもので代用も可能。
     植木鉢やプランターに直に蒔いても良いです。
     土は、ホームセンターなどで販売されている野菜用(肥料の含まれる・重いタイプ)で良いです。
     1~2cmの深さに蒔いてください。
     種の数が十分ある場合は、3粒程度蒔き、成長の良いものを選ぶこともお薦めです。
     毎日水をやってください。

瓢箪の苗つくり

小さな植木鉢にはデザートの容器などでも代用ができます。

瓢箪のタネ播き

土はホームセンターで売られている園芸用の土使いました。

瓢箪の発芽

25度くらいの室内で、毎日水をやり、土に植え替えてから、4日でこのくらいに育ちました。

発芽 :十分な気温があれば、種蒔き後、1週間~2週間で発芽します。
     10日過ぎても発芽しない場合、種蒔き時期が過ぎることになるので、改めて蒔くことを薦めます。
     瓢箪の発芽率は75%程度ですので、発芽しない種も含まれます。
     本葉が出ましたら、液体肥料(1000倍に希釈)を与えることを薦めます。

瓢箪の苗つくり

ジュースのパックで育てている芽です。

液体肥料

瓢箪の発芽

液体肥料

本葉が出てきたら液体肥料を1000倍に薄めて1週間に1度程度散布すると元気に育ちます。

定植

    :苗を植木鉢やプランター、地面に植え替える。直に蒔いた場合は不要。
     苗からの植え変え時期は、本葉が4~5枚出た頃です。
     大きめの植木鉢やプランターに、1から2本植えてください。
     土は、ホームセンターなどで販売されている野菜用(肥料の含まれる・重いタイプ)で良いです。
     水やりは、葉にかけず、根元にやってください。
     瓢箪は太陽が大好きですので、なるばく日光の当たるところで育てください。
     植木鉢やプランターでの栽培では乾くので、根元にしっかり水やりをしてください。

瓢箪のタネ播き

本場が4~5枚でてくると植え替える時期。

瓢箪のタネの発芽

ポットからだすと根が伸びてるのがわかります。

瓢箪のタネ播き

早く植えかえないと倒れてしましました。

蔓網

    :蔓状に伸びるので、網や棒にはわせて育ててください。
     這い上がらない場合は、紐などで柔らかくくくってください。

整枝

    :整枝(せいし)せず真っすぐ育てると、2m以上に伸びます。
     日当たりが良いと上に伸びず、脇芽がでてくる場合がありますが、その場合は下の方の脇目をつみ上に伸ばして下さい。
     高さを押さえ、幅広く育てるには、6枚目の本場葉がでましたら、芽の先を切って下さい。
     さらに、脇から伸びた芽も6枚目の本場葉がでましたら、芽の先を切って下さい。
     4本に広げて育っていきます。
     4本の蔓から出た脇目は、6枚目の葉が出たましたら、芽の先をきってください。

目の先を摘む

6枚目の葉が出てきたら芽の先を摘む。
(脇目を摘んだ場合は、摘んでないフシから3~4枚目の先を摘む)

 

肥料・害虫

    :液体肥料(1000倍に希釈)を1週間に1度程度与えることを薦めます。

     害虫がついたら早めに、野菜用の薬や、木酢液(もくさくえき)を散布します。

ひょうたんの脇目を摘む

液体肥料をやると少し差がでたような感じです。

目の先を摘む

葉の裏に虫が

瓢箪の害虫対策

野菜用の農薬を使うことにしました。

交配

    :7月に入ると、白い花が夕方から咲きます。
     雄花と雌花があります。雌花はつぼみの時から花の下側が小さな瓢箪の形をしています。
     人工交配するには、雌花が咲きましたら、咲いてる雄花をちぎり、花びらをちぎり、受粉してください。

害虫や病気

    :害虫や病気がついた場合は、早めに、薬を散布してください。

古葉取

    :弱った古い葉は取っていってください。

収穫

    :開花後、50日程度で完熟します。完熟すると皮が硬化し、工芸品などに加工することができます。

鉢植え仕立てはどうでうか? 

→ 鉢植え紹介ページ

    鉢植えなら、夜間は室内に移動もOK 実が出来てから見える場所に移動もOK イベント時に移動もOK 長期休暇も旅行もOK
ひょうたんの鉢植え仕立て ひょうたんの鉢植え仕立て

    情報を追加していきます。 
    → 栽培のヒント PDF (印刷書式)

HOMEへ

お問い合わせ
  info@higashiyama-hyoutan.com
  080-8533-3255 (代表者)

瓢箪プロジェクト   Copyright (C) 2012 東山瓢箪プロジェクト All Rights Reserved.